何が大切?AGAのための髪のお手入れ

薄毛?AGAとは何か

最近ではテレビのCMでもAGAはお医者さんに相談とありますが、AGAとは(男性型脱毛症)のことです。AGAの特徴としては、成人の男性にみられる症状で、額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなってしまいます。原因は一般的に遺伝や男性ホルモンの影響が考えられ、徐々に抜け毛が増えて髪の毛のボリュームが減っていきます。
髪の毛にはヘアサイクルがあり、正しいヘアサイクルだと一定のリズムで成長期→後退期→休止期→成長期を繰り返します。1日で100本程度抜けますが、成長期を過ぎた太い髪の毛が抜けていきます。しかし、乱れたヘアサイクルだと成長しきっていない細い髪の毛が抜けてしまうので、太い髪の毛が徐々に減っていき、薄毛になってしまいます。


AGAは生活改善で防げる?

AGAは対策することで、薄毛の進行を止めることができます。病院に相談に行く前に自宅でできる対策を紹介します。
まずは、不規則になっている生活を改善しましょう。夜の10時から2時までが髪の毛が成長する時間と言われています。なので、理想は10時までには頭皮をきれいにして、できるだけ早く就寝しましょう。髪の毛は濡れたままだと、血行を悪くするのでしっかり乾かすことが大事です。また食生活も見直すことで改善できます。豆類の植物系タンパク質は髪の毛によいとされています。逆に肉などの動物系タンパク質は脂質が多いので、食べ過ぎると頭皮が脂っぽくなってしまい、髪の毛の成長を妨げてしまうので、摂り過ぎには注意しましょう。